テーマ:セミナー・講演会

ホクレンショップ ホンモノ実感料理教室

昨日、 ホクレンショップご愛顧企画「ホンモノ実感料理教室」に参加し、お店で扱っている商品を使ったレシピを 教わってきました。 つくったのは4つのメニュー。・ゆで卵と豆ソースのグラタン  冷凍のミックスビーンズと豆乳、ブロッコリーがフィリング。  鮮やかな黄身の色が食欲をそそるひと品。・刻み玉ねぎドレッシングの彩りサラダ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の道産野菜 de かんたんおつまみセミナー

先日、 4人の野菜ソムリエチーム「北海道野菜を盛りあげ隊」主催の 冬の道産野菜 de かんたんおつまみセミナーに 参加してきました。 会場は 札幌市内のバー・グラッタチェーロ・サッポロ。昼間のバルを貸切り 野菜をたっぷり使ったメニューを隊員(参加者)全員でつくります。 ほとんどの下ごしらえ・段取りは やって頂いていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六花亭札幌本店で、餅花づくりワークショップ

先日、 六花亭札幌本店10階きたこぶしホールで開催された 餅花づくりワークショップに参加してきました。餅花とは 柳などの木の枝に 小さく丸めた餅や団子をつけたお飾りのこと。 豊作を表わす縁起物です。 本来は 小正月に その年の五穀豊穣を祈願し あらかじめお祝いをする(予祝よしゅく)ための飾りでしたが 現在では 福を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「北海道米はおいしい、それぞれの用途」セミナーでの試食

先週末のことです。 ホテル札幌ガーデンパレスで開催された 「北海道米はおいしい、それぞれの用途」セミナー ~地産地消と地域振興~ in 札幌 に参加。 服部幸應氏の基調講演を中心に料理研究家坂下美樹氏や ホクレン農業総合研究所の方の講演などもあってなかなか 盛りだくさんのセミナーでした。 しかも 北海道米3種(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いちごの食べ比べ

先日参加した 野菜料理のレッスンで いちごの食べ比べがありました。 用意されていたのは 北海道(旭川)のいちご4種類。 1度に複数種は 絶対に買わ(え?)ないので、 食べ比べができるなんて めちゃくちゃラッキー♪ これが「よつぼし」。普通のいちごは苗から育てますが これは種からつくる新品種。 そこがとても画期的…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北海道深み玉葱ドレッシングとうもろこし香味

札幌市中央卸売青果部運営協議会と 札幌市中央卸売市場水産協議会が主催の 「市場のおすすめ! 食育セミナー」に参加してきました。 各家庭でも 魚や野菜、果物をたっぷり食べようという 提案型のセミナーです。 協賛している企業の一つ (株)北海道バイオインダストリーから 北海道深み玉葱ドレッシングとうもろこし香味 をい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フードスタジアムの特別講演へ。

フードスタジアム北海道が主催する セミナーに参加しました。 飲食業のトレンド解説など第一部から第四部まで ぎっしりのスケジュール。 社長ウォッチャーである私の狙いは 第二部 株式会社串カツ田中 貫啓二(ぬき・けいじ)社長の講演です。串カツで勝負するようになった過程 社員および会社に対する熱い思い入れ 串カツへの愛 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小泉武夫氏と田澤賢次氏の講演会

「未来(あす)へ伝えたい 日本の食文化と健康づくり ~食品の世界化と科学化の流を断つ時~」を テーマに開かれた 第23回食と文化フォーラムへ。 2部構成の公演を聴いてまいりました。第1部基調講演は 発酵学の権威小泉武夫氏による 「日本の伝統食から学ぶ!」です。 食生活の急激な欧米(肉食)化により 都道府県別平均寿命…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッポロスマイルおもてなし講座

サッポロスマイルおもてなし講座に行ってきました。 観光客の多い街札幌で 迎え入れる側の私たち市民が できる「おもてなし」について考えます。 2部構成の授業形式で 1時間目は林修先生による基調講演。 2時間目は秋元札幌市長、林先生、井出女将による パネルディスカッションです。講演のテーマは「おもてなしのこころ」 まずは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

塩鮭と山漬けの食べ比べ

先日 「秋サケの生きる道」という地産地消セミナーに 参加し知った 道内で獲れた鮭が「売れていない」という現実…アトランティックサーモンなど 輸入物が好まれている最近の鮭事情。 日本人の食生活や味覚の変化によるところが大きく、 いまや 脂ののったサーモン系が 流通の主流になっています。 というわけで、 道産の鮭を使…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

豆カレッジ~雑豆授業と豆料理教室~

調理台の上に 用意されている食材や調味料。豆カレッジ (株)ブレナイ社主催のお豆教室です。第1部は雑豆についての授業。 雑豆とは大豆・落花生以外の豆のことをいうって 知っていました? そんなところから始まり 特徴や栄養価、調理法などを教わり 第2部の料理教室へ。 つくるのは2品 チリビーンズと豆のサラダ。 豆料理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「食の王国・北海道 次の100年」シンポジウムで社長ウォッチング

先週のことになります… 日本経済新聞 創刊140周年記念シンポジウム 「食の王国 北海道 次の100年」 を聴きにいってまいりました。 2部構成で 第1部は 増毛町出身の三國清三シェフによる基調講演 「道産食材、世界への挑戦」。「世界の三國」氏がご自身の生き様や 北海道&道産食材愛などを 熱く語ってくれました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エディブルフラワー・ゼリーの試食

参加していたセミナーで、 エディブルフラワー(食べる花)を いただきました。 美しい詰め合わせパックです。 これらの花々…ほんとうに むしゃむしゃと 食べちゃっていいものなのです。 花の散りばめられた スペシャルゼリー(試食品)が配られます。 お~ その清涼感あふれるビジュアルは うっとり系。崩してしまうの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北大マルシェの農場ツアーで、牛乳を試飲

毎年8月 北海道大学農学部正面玄関前で開催される 食と農のイベント「北大マルシェ」。 「学生や農家による模擬店の出店」 「北大産ジンギスカン」 「道産食材食べ飲み比べ」など さまざまな企画がある中、 「北大農場ツアー」に参加しました。学生ボランティアの案内で、 普段は入れない敷地内へ Let's Go! 土壌…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

札幌大学の学食へ@澄川

せっかく札幌大学に来る機会があったので キャンパス内の食堂をふらふら。 1階のメイン学食では丼や麺、定食etc. あらゆるものが食べられます。 利用したのは 2階にあるカフェテリア風学食。ビュッフェ・サラダバー方式のメニューもあります。 これは 好きな惣菜をお皿に盛って グラムを計って会計するシステム。 気を付…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「缶つま洋食レストラン」で学ぶ缶詰アレンジレシピ

K&K国分が出している おつまみ系缶詰シリーズ「缶つま」。 こちらを使った簡単レシピを教わりに パナソニックリビングショウルームへ。講師は国分グループの社員さん。 「手をかけないで、それっぽいもの!」を 目指します… 「缶つま」シリーズの紹介があったあと、 調理デモンストレーションのスタート。 あっという間に3品が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌らっきょ店主に教わるスープカレー

札幌らっきょ店主の井出豪さんが 教えてくれるクッキング。 基本のチキンレッグ・スープカレーに挑戦です。スパイス香る会場で、 デモンストレーションを通して 美味しく仕上げるコツを伝えてくれる井出さん。 何といっても、 スープにうま味があることが大事。 そのためには ・ 出汁はきっちりと(骨付きの)鶏を煮出して取る ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「食品の裏側」著者ご本人によるセミナー

「食品の裏側(東洋経済信報社)」は 食品添加物がどのように使用されているのかなど、 実状を教えてくれている本です。これを書いたのが、 抜群の営業成績を上げ 「食品添加物の神」とよばれていた 食品会社の元社員安部司さん。そのご本人による実演型セミナーを 聞き(見?)に行ってまいりました。 ~~ 添加物をなめるかと聞くと「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

腸内環境を整える献立

腸活ブームにのり 「腸内環境を整えて身体の中からキレイになるレシピ」を 教わりに行ってまいりました(笑)美腸のためのポイントを たっぷり説明してくれる 講師の上坂真智子さん。 発酵食品や食物繊維を多く含んだ食材などを いっぱい使ってつくる和食が基本です。 そんなメニューの1例がこれ。☆ ごぼう寿司 ごぼうがいっぱい食…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マルホン胡麻油のセミナーへ

「知って納得! 胡麻油の魅力」 と題するマルホン胡麻油のセミナーへ。 講師はメーカーの方。 胡麻の香りが広がっている会場で、 マルホン製品の紹介に続き 胡麻油のティスティングが始まりました。 油を試食(試飲?)し、味の違いを確認します。 さらっとしていたり、 どろっとしていたり。 うむうむ 香ばしかったり、 焦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のグランプリ作品「ガトー”たまねぎ”SAPPORO」を試食

「さっぽろスイーツコンベンション」は スイーツ王国さっぽろ推進協議会が毎年開催しているイベント。 こちらから 「その年の札幌を代表するにふさわしいスイーツ」が誕生します。 まず、 札幌および近郊のパティシエの作品を公募。 次に 応募作品(今年は38点)を審査し、6作品をノミネート。 その後 市民の投票審査や審査員に…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

江戸前ずしを知って楽しむセミナー

講師は大森海岸松乃鮨の 4代目店主手塚良則さん。 江戸前ずしについて教えていただきます。「江戸の郷土料理だった『握りずし』は 屋台で食べるのが一般的で、 食べ終わった後、 指先を湯呑で洗うのが習わしだったそうです。 だから、寿司屋の湯呑は大きめに出来ているのだとか。 そして、江戸っ子は濡れた指を 暖簾で拭いて出ていったと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

里芋掘り

今年も 自然栽培セミナーの畑で 育った里芋を 収穫する季節となりました。 固まりが切れてしまわないように スコップで ごぼっと掘り起こした、 子芋がたくさん付いている親芋。 そのまま そ~っとそ~っと洗って 根を切りますが、どうしても何個かが、ぽろっと… もう少し多く付いていた姿を 見せられなくってとても残念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みそたまり

先日、 今年の1月に自然栽培セミナーで仕込んだお味噌の 天地返しをしました。 醸し中の樽を物置から出し、 フタを開けると 早くも味噌の香りがもわっ~♪たまりも、たっぷり浮いています。 この「みそたまり」は 味噌の熟成中に出てくる上澄みエキスのこと。 成分は味噌と同じ、 米麹、大豆、塩、水から出来るものです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

焼きバターナッツ

先日の自然栽培セミナーは 畑で採った枝豆やミニトマト、胡瓜などをみんなで味見する、 ちょっとした収穫祭♪ その時、 自分たちの畑産ではないけれど 南瓜の試食がありました。 ベイクド・バターナッツです。米国に滞在し 農業を指導した経験のあるバターナッツ・マスターによると 「いろいろな調理法が紹介されているけれど、 オーブ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「醤油の素(もろみ)」の仕込み体験

大豆、小麦、麹、塩、水、これが醤油の原材料。 知ってはいても かなりの手間がかかるため、 自分で造っている人はほとんどいません。 こんなに大変な醤油造りを お手軽に体験してしまおう! というセミナーに参加しました。レクチャーしてくれたのは森田醤油5代目。 用意してあるキットを使って もろみ造りに挑戦です。 1) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

十勝農家の簡単あんこづくり

~~ 残念ながら オカッテは閉店しました。 ~~ 旅するキッチン「オカッテ」でのワークショップに参加。 「豆」を知りつくした 十勝小豆森田農園の森田さんに教えていただく 簡単あんこづくり、農家のおばあちゃんから伝わったコツが満載です。 さっそく、小豆を洗って分量のお湯で煮ていくと あたり一面に広がるお豆のいい匂い♪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の和の行楽弁当

この日の料理セミナー講師は、新宿割烹 中嶋の中嶋貞治さん。 テーマは行楽弁当ですが、 お弁当をつくるというよりも お弁当に入れて持って行ける「冷めても美味しいもの」を 教えていただきます。 ☆ 炊き赤飯 浸水時間を変えた「もち米」と「うるち米」をブレンドして、 炊飯器で炊くお赤飯。 もっちりしていて、冷めてもイケる……
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

真っ黒焦げの長ねぎ焼き

ときにはワイルド・クッキングを教えてくれる 自然栽培のセミナー。 アウトドア派には、お馴染みのねぎ焼きです。 泥つきの長ねぎをたき火の上の網にのせ、そのまま直火で焼き真っ黒に。 激しく焦げているけれど、中は大丈夫。あんまりおいしそうには見えませんが… 外側の「焦げ」をはずし、 くにゅっとなっている白い部分を にゅる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当の沢庵

自然栽培のセミナーで沢庵を漬けてから約1か月。 そろそろ食べ時になり、 わくわくしながら樽を開けてみると もわっと「沢庵臭」…なかなか強烈です(笑) フタの役目をしていた大根の葉っぱを寄せてみると、 規則正しく輪になっている大根たち。着色用のクチナシを入れていないため、 ヌカの優しい色に染まっています。 ぽりぽりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more