もゝんじやの猪小鍋定食@両国

隅田川にかかる両国橋の
たもとにある「もゝんじや・豊田屋」へ。
こちらの創業は享保3年(江戸時代)。
なんと
約300年くらい続いている老舗です。
画像
ここで食べることができる「山くじら」は
まさに伝統の味。

お店は、
昭和を感じるビルヂングの中にあります。
案内されたのは
2階にあるお座敷。
お昼の献立(3種類)より
猪小鍋定食A(ご飯、味噌汁、お新香、小鉢付き、1350円)を。
画像
おおっ
これが、すき焼き風の猪鍋。
画像
じっくり煮込んである
野性味あふれるイノシシの肉は…
かなりの歯ごたえ(笑)
濃い目の味付けで
ご飯がどんどん進みます。

もとは漢方の薬屋だったという「もゝんじや」。
画像
薬の一種としてだしていた猪が評判となり、
料理店に転身したそう。
そのお肉は
冷え性や疲労回復に効果があるらしいですわ。

いまに伝わる江戸の味、
ごちそうさまでした 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2015年12月17日 19:28
ここ、ランチも有るんですね。
お手頃でいいですね!
行ってみたいと30年思いつつ、
なかなかご縁の無いお店。
昼間だったら行ける機会があるかも☆
ちこ丸
2015年12月18日 12:35
ランチだったので、お気軽に、味見ていどに食べられましたよ(笑)
店内は、「お座敷席」しかなかったもよう…

この記事へのトラックバック